立てよ、うどん県民!さぬき映画祭で劇場版ガンダム一挙上映!富野監督も来るよ!

2016年の2月11日から26日にかけて香川県内で『さぬき映画祭2016』が開催されます。この映画祭にあの『ガンダム』の生みの親、富野監督がゲストで来られる予定になっています!

スポンサーリンク
広告

さぬき映画祭とは

映画・映像による地域文化の振興と香川の活性化を目的に、2006年から「さぬき映画祭」を開催しています。さぬき映画祭では、上映会などのイベントだけでなく、シナリオ執筆の講座なども開講し、映画・映像に携わる人材の育成にも取り組んでいます。

公式サイト内 さぬき映画祭とは より

2006年から始まった上映会を主とするイベントです。香川県出身の本広監督がディレクターとなり、過去に上映された作品を含め毎年魅力的なラインナップの映画を会期中に上映しています。

本広監督といえば『踊る大走査線』シリーズですよね。僕も当時は夢中になって見ていた記憶があります。また、香川と言えば忘れてはいけないのが映画『UDON』もちろんこの映画も本広監督が製作なされています。

話は戻りますが、このさぬき映画祭にはゲストとして上映される映画にちなんだ監督さんや俳優さんが来られます。今年は2月20日にガンダム劇場3部作が上映され、なんと富野監督も来られる予定になっています!ガンダムの生みの親である富野監督が香川に来るなんて!もう、行くしかないですよね。

あえて言おう。今だからこその劇場版ガンダムの魅力!

ガンダムの魅力についてはご存知の方が多いと思いますし熱く解説、考察されているサイトも数多くあると思います。なので、ここでは【今だからこその劇場版の魅力】について書きたいと思います。

1.総集編で一気に見れる

僕もTVシリーズはレンタルで全部見ましたが、やはり全43話。時間にして13時間以上も見続けるのは大変です。それを約7時間で見る事ができます!これを機会に見てみようと思ってる新規のファンも大喜び!やったね!

・・・ぶっちゃけ7時間でもキツイとは思います(泣) しかし、それほどに削る部分が無い作品でもあるのです。特にシャアの名言なんか、ゴッソリ削られたら泣きます!

by カエレバ

とはいえ、時間をかけて見るTVシリーズだからこそのエピソードがあるのも事実なので良かったら見てみてくださいね。

2.初代の声優さんの声で聞ける!

僕個人としてはこれが一番大きいかな。ガンダムが放映されて35年以上が過ぎ、残念ながら数名の声優さんは亡くなられています。セイラ役の井上瑤さん、ブライト役の鈴木洋孝さん、ナレーションの永井一郎さん。他にもジオン軍の個性的なキャラの声優さん達も亡くなっています。

ファンとしてはやはり初代の声が聞きたいし、新規の方にも名演を聞いて欲しい思いがあります。色褪せない状態で上映される劇場版はやはりオススメです。

by カエレバ

まとめ

以上、『さぬき映画祭』で一挙上映されるガンダムについて語ってみました!映画ならではの大スクリーンと音響で楽しめるのも良いですよね!チケットはイオンシネマ高松東で直接購入か、e席リザーブで購入できるようです。ちなみに僕はe席リザーブを利用しました。

また、映画祭では他にも魅力的な作品がたくさん上映されるので是非チェックしてみてくださいね!

スポンサーリンク
広告
広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です