オッサンだけどカッコいい!怒髪天のススメ!

オッサンって言葉にどんなイメージを持ちますか?

カッコいい!なんて言葉が真っ先に出てくる事は稀なんじゃないでしょうか。

今日は私が大好きな、オッサンだけど物凄くカッコいいロックバンド「怒髪天」をご紹介します!

スポンサーリンク
広告

怒髪天とは

1984年頃、札幌にてバンドを結成。メンバーチェンジを繰り返し、1988年に現メンバーに。

1991年にメジャーデビューするも1996年に活動休止。その3年後に活動を再開する。

2009年頃から徐々にメディアへの露出が増えていき、現在も多くのフェス等に出演している。

以上の分かるように遅咲きのバンドです。2014年には念願の武道館ライブを30年目にして行いました!「続ける事自体が凄い力になる!」って言ってたボーカルの増子さんの言葉は今でも印象に残っています。

私が怒髪天を知ったきっかけ

私が怒髪天を初めて聞いたのは2011年のサヌキロックコロシアムでした。サヌキロックコロシアムとは高松市内の瓦町周辺を使ったサーキット形式のフェスです。

当時聞いてたバンドのファン同士というきっかけで知り合った友人に連れて行かれたのが始まりだったと思います。もちろん、予習も何もしておらず1曲も分からないままライブ会場に入りました。当時のセットリストはほぼ忘れかけていますが、酒燃料爆進曲(ライブで盛り上がる定番曲 通称『酒爆』)で一気に引き込まれた事は今でも覚えています!

怒髪天の魅力

私が思う怒髪天の魅力は「距離の近さ」です! 

ボーカル増子さん(通称 兄ィ)のMCが抜群に上手かったり、ギターの上原子さん(通称 王子)のテクニックに見とれたり、ベースの清水さん(通称 シミさん)の笑顔に癒されたり、ドラムの坂詰さん(通称 坂さん)が良く分からないけど好きになったりと色々な要素はあるんですが、よくよく考えるとこれかな。って思います。

つらい事や苦しい事もたくさんあるけど、一緒に頑張ろうな!楽しもうな!って励まされてる気がするんですよね。まるで隣で一緒に戦ってくれてるみたいに。

歩き続けるかぎり

「未だ夢は覚めず 胸焦がすならば 旅に終わりは無い 歩き続ける限り」

単純に「諦めるな!」って言ってる訳じゃないんですよね。年齢や立場で変わってくる、難しくなってくる状況も含めた上で、それでも「進んでいこうぜ!」って励ましてくれているように私は感じました。

何よりライブが楽しい!

もし私が友人に怒髪天を勧めるとすれば、まずライブに連れていきます。

それぐらい怒髪天のライブは楽しいんです!

オトナノススメ

三十かそこら辺りで つまらねェ大人へと 避けられぬ悲しきさだめ 

ウソだ!それはデタラメだ!

オトナはサイコー!オトナはサイコー! ここから本番 後半戦いこう!

もう、ここまで言い切ってくれると清清しいですよね!

オトナノススメは振り付けも相まってライブでも人気曲の一つです。

怒髪天のライブは年齢層が幅広く、私がざっと見ただけでも10代~50代ぐらいまでファンがいると思います。お酒を片手にゆったりと楽しんでいる人もいれば、前の方で飛び跳ねてる人もいます。ファン層の広さが懐の広さじゃないのかなって思います。

まとめ

本当に好きな所を語りだしたらいつまででも語れるぐらい私が大好きなバンドです。今まで色々なバンドを聞いてきたけど「一番好きなバンドは?」って聞かれると迷わず「怒髪天!」って答えます。

とにかく楽しい!そして熱い!

そして怒髪天の良さを一番実感できるのはライブだと思います。ぜひ機会があれば足を運んでみてください!

最後に私が一番好きな曲をご紹介しますね。聞くたびに前向きになれる名曲です。

はじまりのブーツ

くたびれたブーツのカカトで アスファルト ラインを引けば
ここからが始まりなんだ 何度でも走り出せるさ

今履いてるお気に入りのブーツは、この曲を聞いて買いました(笑)

以上で怒髪天の紹介を終わります。

他にもオススメのバンドはたくさんあるので、またご紹介しますね!

ライブに行く前の予習や今からとりあえず買ってみようって方はBEST版がオススメですよ!

スポンサーリンク
広告
広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です